種類

| 特種用途自動車 |

特種用途自動車には、その目的に応じたいろいろなものがあります。まずひとつ目が、普段目にすることの多い緊急車両です。身近なもので言えば、交番の横に停まっているパトカーがそれです。それから病院に行ったときに見かけることがある、救急車もそのひとつとして数えられます。他にも消防車や、特定の事業に従事している人たちが使っているクルマも区分に入っています。これには献血の時に使われる採血車や、自動車学校の教習車などが当てはまります。

 

あと、お葬式のときに火葬のために遺体を運ぶのに使われる霊柩車もそうです。それ以外には、運搬車も認められており、工事現場で見かけることの多いコンクリートのミキサー車、ガソリンや牛乳を運ぶときに使われるタンクローリー、さらにあまり見かけることの無い、銀行にある現金輸送車もこの特種用途自動車とされています。意外と身近なところに存在しているのです。

 

 
ミュゼ 大宮の店舗情報