キャンピングカーの区分としては「特種用途自動車のキャンピングカー」とされていますが、実はそうでは無いキャンピングカーの場合にはまた話が変わってき ます。道路運送車両法において、たとえば1ナンバーであったり3ナンバーであったりと言うようなキャンピングカーの場合であれば、キャンピングカーの構造 条件に必要な「調理設備が必要」「寝台が必要」と言うような構造の要件にかんしての義務を負うことはありません。

 

また同時にこれらの設備が無いからと言って 行動が走れないと言うわけではありませんし、逆に普通に走ってもかまいません。ですからこれを利用すれば軽自動車でもキャンピングカーとして利用すること が出来ると言うことになりますし、8ナンバーではなく5ナンバーのまま走行が出来るので税金や取得の要件に関してメリットが出てくると言うことにもなりま すので、この部分を上手く利用する人も居るのです。

 

またこうした車両は合法的に売り出すことも可能ですから、こうした車両の専門店としてキャンピングカー メーカーが販売しているケースが存在しています。ただ大きいだけ、広いだけが「キャンピングカー」ではなく、こうした新しい時代のキャンピングカーも登場 しているのです。