「キャンピングカー」と言うとどのような車を指すのでしょうか。一般的には普通の車とはちょっと違った形をしている、もしくは普通のミニバンやトラックな どを改造したような自動車であると言うような印象がとても強いですが、実はこのキャンピングカーは法律によってしっかりと区分されたものになっています。

 

寝泊りをする自動車がキャンピングカーという認識が一般の人のあいだでは広まっていますが、これが法律によって区分されるとなると別にもうひとつ、「道路 運送車両法」と言う法律において「特種用途自動車」と言う分類の中にこのキャンピングカーが日本では入っているのです。これは、たとえば税金などの法令上 の取り扱いについて、他のカテゴリーの自動車とは別のものとして区別し取りあつかえるようになっているからです。

 

そもそも何故こんなことが制定されている のかと言うと、ひんぱんに使う自動車ではなく、こう言ったキャンピングカーのように常用として使う車を別に所持した結果、税金がかさんだりすることが見受 けられるようになり、免税措置として作られたものでした。ですがその後のRVのブームで、本来キャンピングカーではない車まで登録できるようになり、 2003年に法律改正がされています。