緊急車両

| 特種用途自動車 |

わたしたちが普段目にしている特種用途自動車の中で、もっとも身近な存在と言っていいのが緊急車両です。けが人や病人を搬送するのに使われる救急車や、火事や災害が起こったときに出動する消防車などがそれに当てはまります。また、テレビのドキュメンタリー番組で活躍することの多いパトカーもそのうちのひとつです。

 

そして、こうした我々がよく知るもの以外にも、例えば輸血などのときに血液を運搬するための血液輸送車、俗に「ドクターカー」の名前で知られている医師を派遣するためのクルマもこうした分類になっています。レアなものだと防衛省、検察庁などの車両や、刑務所や警察署などの護送車も特種用途自動車のひとつなのです。