» 特種用途自動車のブログ記事

はたらくクルマ

| 特種用途自動車 |

法令で認められている、特定の事業で働く人が使用するクルマ、それから緊急車両である救急車やパトカーは、特種用途自動車として認められています。しかし実はこれら以外にも、この種別に当たるものが存在しているのです。そして、それは意外と身近なところで目にすることが出来るのです。

 

例えば、工事現場などにコンクリートを運ぶ際、固まらないように荷台を回しながら走るミキサー車。また、今はあまり見かけることは無くなりましたが、少し前まではメジャーな存在として知られていた、汲み取り式のトイレで活躍する機会のあるバキュームカー。そして、家庭や職場から絶対に出てしまう「ゴミ」を回収して焼却、埋め立てのために運搬している収集車。ガソリンや、牛乳などを運ぶのに使われるタンクローリーも特種用途自動車のひとつになります。

 

 
 

 

 

身近な特種用途自動車

| 特種用途自動車 |

パトカーや消防車、救急車などの緊急車両が特種用途自動車として、一般的に知られています。しかし、普段わたしたちが何気なく目にしている変わったクルマの中にもそれは存在しています。中には自分にとって、とても身近なものもあるかもしれません。ワキ脱毛はミュゼプラチナム 立川

 

それはある特定の事業で働いている人たちの乗り物です。代表的なが、免許を取るときにはかならず乗らなければいけない、自動車学校の教習車です。の店舗情報はこちらです。その他にも、水を供給するための給水車もそうです。また、とある映画のラストシーンで行列をつくっていた、バスを改造した採血車、最期にのる霊柩車、テレビ中継車も特種用途自動車として認められています。こうした例を挙げてみると、意外と親しみのあるクルマがいくつか存在しています。

 

 

 

 

 

 

 

緊急車両

| 特種用途自動車 |

わたしたちが普段目にしている特種用途自動車の中で、もっとも身近な存在と言っていいのが緊急車両です。けが人や病人を搬送するのに使われる救急車や、火事や災害が起こったときに出動する消防車などがそれに当てはまります。また、テレビのドキュメンタリー番組で活躍することの多いパトカーもそのうちのひとつです。

 

そして、こうした我々がよく知るもの以外にも、例えば輸血などのときに血液を運搬するための血液輸送車、俗に「ドクターカー」の名前で知られている医師を派遣するためのクルマもこうした分類になっています。レアなものだと防衛省、検察庁などの車両や、刑務所や警察署などの護送車も特種用途自動車のひとつなのです。

 

 

 

種類

| 特種用途自動車 |

特種用途自動車には、その目的に応じたいろいろなものがあります。まずひとつ目が、普段目にすることの多い緊急車両です。身近なもので言えば、交番の横に停まっているパトカーがそれです。それから病院に行ったときに見かけることがある、救急車もそのひとつとして数えられます。他にも消防車や、特定の事業に従事している人たちが使っているクルマも区分に入っています。これには献血の時に使われる採血車や、自動車学校の教習車などが当てはまります。

 

あと、お葬式のときに火葬のために遺体を運ぶのに使われる霊柩車もそうです。それ以外には、運搬車も認められており、工事現場で見かけることの多いコンクリートのミキサー車、ガソリンや牛乳を運ぶときに使われるタンクローリー、さらにあまり見かけることの無い、銀行にある現金輸送車もこの特種用途自動車とされています。意外と身近なところに存在しているのです。

 

 
ミュゼ 大宮の店舗情報
 

 

 

 

 

特種用途自動車とは?

| 特種用途自動車 |

a0001_017039

 

一般的にクルマといえば、自分の移動、遊び、通勤のための足や、家族や友人を載せたドライブなどに使われるものとして認識されています。しかし、それ以外にもいろいろな種類があるのです。たとえば犯罪や事件がおきたときに、それを解決しに向かうパトカー、事故や怪我などで出動する救急車があります。ミュゼ 八王子の店舗情報はこちらです。

 

さらに、水を補給するための給水車や、ごみを集めるために日々活動しているゴミ収集車なども存在しています。このような特別なものは「特種用途自動車」と呼ばれます。漢字が「特殊」ではない理由は、すでにそれが使われているからで、区別をするために字に違いをもたせています。実に幅広いタイプのものがあり、その使用目的に応じて分類しています。レアなものと言えば、現金輸送車などが当てはまります。