» キャンピングカーに関する法律のブログ記事

キャンピングカーの区分としては「特種用途自動車のキャンピングカー」とされていますが、実はそうでは無いキャンピングカーの場合にはまた話が変わってき ます。道路運送車両法において、たとえば1ナンバーであったり3ナンバーであったりと言うようなキャンピングカーの場合であれば、キャンピングカーの構造 条件に必要な「調理設備が必要」「寝台が必要」と言うような構造の要件にかんしての義務を負うことはありません。

 

また同時にこれらの設備が無いからと言って 行動が走れないと言うわけではありませんし、逆に普通に走ってもかまいません。ですからこれを利用すれば軽自動車でもキャンピングカーとして利用すること が出来ると言うことになりますし、8ナンバーではなく5ナンバーのまま走行が出来るので税金や取得の要件に関してメリットが出てくると言うことにもなりま すので、この部分を上手く利用する人も居るのです。

 

またこうした車両は合法的に売り出すことも可能ですから、こうした車両の専門店としてキャンピングカー メーカーが販売しているケースが存在しています。ただ大きいだけ、広いだけが「キャンピングカー」ではなく、こうした新しい時代のキャンピングカーも登場 しているのです。

 

 

 

 

 

権利義務

| キャンピングカーに関する法律 |

キャンピングカーは、その自動車をキャンピングカーとして取得した場合には「権利義務」と言うものが発生してきます。これはどう言うものかと言います と、そのキャンピングカーとして取得した区分によって微妙に違いが出てくるものですから一概には言えません。

 

「特殊用途」に関して使用するためのキャンピ ングカーと言うことであればその区分になりますし、そうでない場合はまた別の区分になりますので少しややこしいものです。構造の要件をそろえて8ナンバー を取得し、その区分でキャンピングカーを所有していた場合についてですが、この構造要件の中のひとつである「湯が沸かせること」が何らかのトラブルによっ て、設備が整っているのに出来なかった場合には、一般の車で言うところのフルスモークなどと同じ「違法車両」として摘発されてしまうことにもつながってし まいます。

 

つまり、このような区分を設定して、それが実際に走るときになって「しっかりと使える状態」でなければ、そのキャンピングカーは違法車両になっ てしまうのです。こうならないように設備のチェックなどをして管理することがいわゆる「権利義務」であり、キャンピングカーを所有する上で気をつけなけれ ばいけないことなのです。

 

 

 

 

 

キャンピングカーとして認められるための自動車を作るには、2003年に法律が改正された以降、厳しい条件をすべてクリアしなければいけなくなりました。 何故このようなことがあったのかと言うと、それまでは日常的に使用しているような自動車でもキャンピングカーとして登録できることが可能であったからです。

 

これは1980年代のRVやミニバン、ステーションワゴンなどのブームによるものもあり、「特定自動車としてのキャンピングカー」にはならないはずの ものまで続々と出てきてしまったからです。そんな経緯から設備などには厳しい条件が求められるようになりました。

 

さて、そんなキャンピングカーとして認め られるために必要な構造条件ですが、これはまず絶対条件として「寝泊りできる車両」と言うのがもともとのキャンピングカーの意味であったために、寝台が必 要なのです。この寝台は「乗車定員の3分の1以上」の面積が必要とされており、走行中に寝台の使用は不可能となっています。

 

次に調理設備も必要で、最低で も「お湯が沸かせる設備があること」が条件で、前述の法改正で「具体的な寸法」の調理スペースや器具が必要になりました。このふたつの条件を満たしていれ ば、構造設備は一応クリアです。

 

 

 

 

 

一昔前までは単なるミニバンでさえも、少しの改造をほどこしてそれが認められれば「キャンピングカー」として使用が可能になっていました。ですがそれに よってあまりにもキャンピングカーが増えすぎ、定義も曖昧になってしまったのを見かねて2003年にこれに関しての法律が改正され、より厳しい条件をすべ てクリアした車両だけがキャンピングカーとして認められるようになったのです。

 

キャンピングカーはいわゆる「特定自動車」に入るものとされていますが、も ともとキャンピングカーは「寝泊りが出来る自動車」「寝泊りするための自動車」と言う意味でしたのでこうしたミニバンなどに限らず、一般的な自動車でも同 じようなことになる可能性はじゅうぶんにありえることでした。日本ではそこに「道路運送車両法」と呼ばれる法律が絡んでくることが最大のポイントで、この 中の「特種用途自動車」と言う分類の中でキャンピングカーが車両区分のひとつとされているのです。

 

これは税金などの法令上の問題に対して、他の自動車のカ テゴリーとは別に考えることが出来るからです。また前述の通り2003年に法律が改正され、「排気量別」に税金のシステムが変わったことで、税軽減のメ リットは無くなりました。

 

 

 

 

 

「キャンピングカー」と言うとどのような車を指すのでしょうか。一般的には普通の車とはちょっと違った形をしている、もしくは普通のミニバンやトラックな どを改造したような自動車であると言うような印象がとても強いですが、実はこのキャンピングカーは法律によってしっかりと区分されたものになっています。

 

寝泊りをする自動車がキャンピングカーという認識が一般の人のあいだでは広まっていますが、これが法律によって区分されるとなると別にもうひとつ、「道路 運送車両法」と言う法律において「特種用途自動車」と言う分類の中にこのキャンピングカーが日本では入っているのです。これは、たとえば税金などの法令上 の取り扱いについて、他のカテゴリーの自動車とは別のものとして区別し取りあつかえるようになっているからです。

 

そもそも何故こんなことが制定されている のかと言うと、ひんぱんに使う自動車ではなく、こう言ったキャンピングカーのように常用として使う車を別に所持した結果、税金がかさんだりすることが見受 けられるようになり、免税措置として作られたものでした。ですがその後のRVのブームで、本来キャンピングカーではない車まで登録できるようになり、 2003年に法律改正がされています。